トラと教師と我が家の猫



 
【受験勉強】 【英語】 【世界史】【国語】
トップページ 中一の担任 人はかわる 記録 高一の担任 受験勉強
 

  ベンガルトラ事件

先日(2000年2月3日)トラと一緒に報道されました渡部勝の遺族です。我々は人を憎んではいませ
 
ん。勝の同僚は良い人。薬殺されたトラも気の毒です。
 
ただ、「死人に口無し。」の諺を実行に移されるのは困 るので、ホームページを作成しました。
 
それが1ヵ月も経たないうちに実行に移されるとは 想像もしませんでした。
 
2000年3月2日に会った時点で現場責任者の人は、「 自分達は全然悪くない。」と言い切りました。
 
弁護士の人の話でも、池田動物プロダクションの社長は勝 が死んだせいで仕事が来なくなったと怒り
 
狂っているという事でした。・・・弁護士と新聞社からのまた聞きのまた聞き・・・池田 については、
 
勝が仕事を失敗したため、みんなが 迷惑している。」との発言・・・人というのは変わるものです。
 
しかし、社員の人はどうしても憎むことは出来ません。社会的制裁を既に受けています。
 
池田動物プロダクション町田飼育所には、 全国から「人殺し」という手紙が多く届いたそうです。
 
2000年4月13日現在、池田社長と現場責任者は何の罪悪感も持っていません。
 
あくまで逃げ切るつもりです。渡部勝は、8ヶ月から19歳まで北海道札幌市で育ちました。
 
死ぬ為に首都圏にやって来たんでしょうか。






トップページへ
トラと教師と我が家の猫
by トラと教師と我が家の猫